Google、G Suite向けにGmailやハングアウトを統合したSlack対抗アプリを開発中か

ハングアウト、翻弄されてます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月31日, 午前 11:10 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Google
Googleは2019年、企業向けのハングアウトをハングアウトChatとハングアウトMeetに分割しましたが、他の機能も取り込みつつ、また1つのアプリへの統合を計画しているようです。


The Informationによると、ハングアウトChat、Meet、Gmail、Googleドライブなど、メッセージングに加えてストレージ機能も統合した、企業向けの統合アプリに取り組んでいるとのこと。すでに社内でのテストが開始されているとしています。G Suiteの一部として提供が予定されており、SlackやMicrosoft Teamsなどと競合する、コミュニケーションハブになりそうです。

これらのアプリが1つに集約されると、ビデオ会議やメールの返信のために別アプリを立ち上げる必要がなく、Googleドライブから直接資料の共有なども行えます。せっかくならGoogleカレンダーも統合すればと思いますが、何かしら事情があるのかもしれません。

ハングアウトChatではなく、Slackを選んでいる企業で乗り換えが進むのかは未知数ですが、便利なのは間違いないでしょう。

いつ頃リリースされるのかの情報はありませんが、タイミング的には、5月に開催されるGoogle I/Oで発表される可能性もありそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, business, chat, g suite, gear, google, google cloud, google drive, hangouts, hangouts chat, hangouts meet, internet, messaging, services, work
0シェア
FacebookTwitter