スマホ子機「ワンナンバーフォン」がようやくiPhoneに対応

アップデートが必要です

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年01月31日, 午前 10:45 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
One Number Phone iPhone

スマートフォンと同じ電話番号で発着信できる子機「ワンナンバーフォン」(ZTE製)が、ようやくiPhoneでも使えるようになります。

「ワンナンバーフォン」は、スマホの"子機"として使える携帯電話で、2018年10月にNTTドコモが発売した製品。月額500円の「ワンナンバーサービス」に加入することで使えます。

しかし、これまでNTTドコモが販売するAndroidスマホにしか対応しなかった為、一部では不満の声も上がっていました。

NTTドコモが1月30日に配信したソフトウェアアップデートを行うことで、iOS11以降のiPhoneで利用できるようになります。

アップデートの方法は次のとおりです。

待受画面で[MENU] [設定] [システム設定] [端末情報] [ソフトウェアアップデート] [更新実行]の順に操作し、[はい]を選択して更新を開始します。

ソフトウェアアップデート完了後のビルド番号は「DCM_JP_Z2301V1.0.0B35」です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, bluetooth, ios, iphone, mobile, smartphone, zte
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents