engadget
シャープは、格安スマホ事業を展開するオッポジャパン(OPPO Japan)を提訴しました。

スマートフォンの通信技術に関する無線LAN関連特許1件を侵害していると判断し、東京地裁に特許権侵害差し止め仮処分の申立てを行ったとのこと。

シャープ側は『当社では、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、当社の知的財産権が侵害されていると判断した場合は、常に厳正に対処していく所存です』とコメントしています。

OPPOとシャープはそれぞれ格安スマホ市場に端末を供給しており、競合関係にあります。