シャープ、格安スマホのオッポジャパンを提訴

無線LAN関連特許1件を侵害していると判断

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年01月30日, 午後 04:05 in Business
174シェア
engadget
シャープは、格安スマホ事業を展開するオッポジャパン(OPPO Japan)を提訴しました。

スマートフォンの通信技術に関する無線LAN関連特許1件を侵害していると判断し、東京地裁に特許権侵害差し止め仮処分の申立てを行ったとのこと。

シャープ側は『当社では、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、当社の知的財産権が侵害されていると判断した場合は、常に厳正に対処していく所存です』とコメントしています。

OPPOとシャープはそれぞれ格安スマホ市場に端末を供給しており、競合関係にあります。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: Business, oppo, sharp
174シェア