Switch
任天堂の古川俊太郎社長は、1月30日に実施した四半期決算会見の中で、「2020年内にNintendo Switch の新モデルを発売する予定はない」と言及しました。

Nintendo Switchについては昨年2019年に携帯型のSwitch Liteがラインナップに加わり、オリジナルモデルもバッテリーを強化したモデルへリニューアルされています。

一方で、任天堂がSwitchシリーズにさらなる上位版を用意しているのではないかという観測は根強く、「2020年半ば発売」と時期まで絞ったうわさも出ています。今回の決算会見の言及は、そうした新機種投入計画について公式に否定した格好となります。

2017年発売のNintendo Switchは2019年末時点で累計販売台数4800万台を記録。Switch Liteとポケモン新作が投入された2019年後半のホリデー商戦では、前年度を上回る売れ行きを示すなど、その人気は衰えていません。任天堂の販売計画では2020年3月末までに累計5248万台を販売し、スーパーファミコンの累計販売台数(4910万台)を抜く見込みとなっています。

今年2020年の年末商戦期はソニーのPS5とマイクロソフトのXbox Series Xというライバル2社の新モデルの発売が予定されています。2020年は任天堂にとって、ライバルの新ハードの状況をみつつ、新たな手を練っていく準備期間となるのかもしれません。