1996年2月1日、幅24mmの新規格フィルムを採用した写真システム「APS」が発表されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2020年02月1日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter
todayIX240と呼ばれる幅24mmの新規格フィルムを採用した新写真システムが、「APS」(Advanced Photo System)。フィルムがカセット化され、カメラへの装填や取り外しがしやすくなったほか、撮影設定や日時、サイズ、プリント枚数などの情報も記録できるというのが特徴でした。

この新システムが発表されたのが、1996年の今日です。APSはイーストマン・コダック、キヤノン、富士フイルム、ミノルタ、ニコンの5社によって開発され、世界の共通規格として発表されました。フィルムのカセット化でカメラ本体を小さく作れるようになったため、キヤノン「IXY」ニコン「Nuvis」ミノルタ「VECTIS」富士フイルム「EPION/nexia」などなど、多くのコンパクトなカメラが登場しました。

today

ただし、ほぼ同時期にデジタルカメラの時代も到来しており、撮影直後からその場で確認できることや、写真データを現像に出すことなく手軽に受け渡しできるといった利便性から、APSカメラよりデジカメを選ぶ人が増加。2000年前後は多くの製品が登場していたAPSカメラも次第に数が減り、2006年を過ぎると、新モデルが登場しなくなってしまいました。

なお、撮影に必須のフィルムは富士フイルムが最後まで提供していましたが、それも2012年10月に出荷終了となっています。

2月1日のおもなできごと

1996年、カメラメーカー5社がアドバンスドフォトシステム(APS)を発表
2004年、エッジが「ライブドア」へ社名変更
2012年、マイクロソフトが「Kinect for Windows」を発売
2017年、JALが機内Wi-Fiの無料キャンペーンを開始
2018年、経済産業省がモバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象へ
2019年、IIJmioが音声のみの格安SIM「ケータイプラン」を発売
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aps, camera, canon, fujifilm, kodak, minolta, nikon, today
0シェア
FacebookTwitter