iPhone SE2(仮)、すでに試験生産開始か。3月発売で4万7000円~の噂

あとは予定通りに発売されるのかが焦点

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年02月1日, 午後 12:30 in AppleRumor
0シェア
iPhone9
今年前半には小型かつ廉価モデルのiPhone SE2(仮)が発売されるとの予測は、ほぼ主流となっています。

そんななか、その試験生産がすでに開始されたことや、製品の正式名称が「iPhone 9」になる可能性があるとの噂が報じられています。中国ニュースサイトMyDriversのサプライチェーン情報によると、iPhone 9の正式な量産は2月中旬に行われ、3月には正式発売されるとのことです。こうした見方は、Bloombergの「アップルのロードマップに詳しい」匿名人物の話とも一致しています。

MyDriversいわく、iPhone 9は主に安価なデバイスが人気のインドほか新興市場がターゲットとされるもの。従って高価格とはならず、3000元(約4万7000円)~になると述べられています。こちらも有名アナリストMing-Chi Kuo氏が予想した399ドル(約4万3000円)と大きな差がなく、いずれも現行のフラッグシップiPhone 11よりかなりの安値となる観測です。

iPhone 9はiPhone 8とよく似たハードウェア仕様に最新のA13プロセッサやメモリ3GB(8よりも1GB増量)を搭載し、指紋認証のTouch IDを引き継ぎつつ3D Touchモジュールを削除。そして5Gにも非対応──との見方は、上記のKuo氏や複数のサプライチェーン情報のそれを再確認しているかたちです。

ここまではアップルのロードマップ通りとしても、懸念されるのは新型コロナウイルスによる中国サプライチェーンへの影響です。iPhoneの大手サプライヤーFoxconnは「全世界の製造義務を引き続き果たせるように対策を講じている」との声明を出していますが、同社が担当しているのはあくまで「iPhoneの組み立て」に過ぎません。

かたやアナリストからは「原材料、製造、組み立て、テスト、出荷の1つでも大きな問題が起これば、混乱が生じる」可能性も指摘されていました。アップルが今年前半に予定している数々の製品の発売を後半に延期するシナリオも想定しているとの見方もありますが、ウイルス流行の早期の解決とiPhone 9の予定通りの発売をともに祈りたいところです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, AppleRumor, foxconn, iphone, iphone9, iphonese2
0シェア

Sponsored Contents