engadget
LINE Payとオリコは、今年1月の発行を目指していた「Visa LINE Payクレジットカード」に関する業務提携を解消すると発表しました。『昨今の市場環境の急速な変化』が理由としています。

「Visa LINE Payカード」は、LINE Payと紐づくクレジットカードです。一見すると現在JCB一択の「LINE Payカード」のVISA版に思えますが、それは誤り。あくまでVisaのクレジットカードであり、LINE Pay残高をVisa加盟店で利用できるわけではありません。

一方、決済時にLINEで通知を受け取れる点は現行のLINE Payカードと共通。また、同カードと紐付けることで、LINE Pay残高がなくてもLINE Payのコード決済やオンライン決済を利用できるようになります。ポイントはLINE Payボーナスで還元し、還元率は初年度3%とする方針でした。

今回の提携解消により、「Visa LINE Payクレジットカード」の発行は延期となった格好。LINE Pay側は『サービスの発行以降、心待ちにしてくださっている多くの皆様から、問い合わせやご連絡を頂いている中、お申込み開始まで長らくおまたせしてしまっており、誠に申し訳ございません』と謝罪。今後の運営体制やスケジュールが決定次第、速やかに発表するとしています。