レリゴーは「いいね!」禁止?YouTube Musicで一部の子供向けやディズニー曲に新たな機能制限

大人はありのままのフル機能を使いたい

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年01月31日, 午後 03:00 in google
0シェア
FacebookTwitter
music
YouTubeは2019年9月、保護者の同意なしに子供の個人情報を収集していたとして、FTC(米連邦取引委員会)と米ニューヨーク州に総額1億7000万ドルの和解金を支払いました。この和解の一環として児童オンライン プライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act、COPPA)やその他の法令に準拠するため、YouTubeの機能に変更を加えると予告。4ヶ月の猶予の後、今月6日(米太平洋時間)からすべての地域で適用が開始されています

その影響はYouTube Musicにも及んでおり、変更の実施後に一部の曲、特に多くのディズニー関連曲に新たな制限が設けられていることが明らかとなりました。海外サイトAndroid Centralによれば、たとえば『アナと雪の女王』第1作を代表する曲『Let it Go』は「Made for Kids」(子供向け)とマークされ、特定の機能がブロックされているとのことです。

それら機能の1つはミニプレイヤーです。これはYouTube Premium会員の場合は曲を再生中にミュージックアプリ内を移動しても再生が途切れないものですが、『Let it Go』再生時に他の画面に移ると曲が停止するとのことです。さらに、いいね!(高評価)/嫌い(低評価)ボタンをクリックすると、「子供向けのコンテンツでは、この操作が無効です」と表示されて受け付けられないとも報告されています。

music

実際、こうした変更は日本国内向けの『レット・イット・ゴー』を再生した場合も、iOS用のモバイルアプリで確認できます。

letitgo

そして最もやっかいなのは、これらの曲をプレイリストに追加できないことと述べられています。もっともデスクトップ版アプリではいいね機能やプレイリスト追加は引き続き機能するとのこと。ちなみに日本版のiOSアプリでは『レット・イット・ゴー』は問題なくプレイリストに追加でき、国や地域により対応がまちまちなのかもしれません。

これらの制限は「子供向けのコンテンツでは~」との表示が出ることから、COPPA準拠のための変更であることは明らかです(いいね!行為が取り消された画面では「詳細」としてこちらに誘導されます)。

こうした変更にどのような意味があるのか疑わしく、仮に子供向けにプレイリスト追加禁止に教育的な効能があるとしても大人はありのままのYouTube Music機能にアクセスできるべきではないかとも思えますが、Googleの今後の修正を期待したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coppa, disney, google, youtube, youtubemusic, youtubemusicpremium
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents