AI-formulated medicine
大日本住友製薬と英国のAIを使った創薬企業Exscientiaは1月30日、AIにより作られた新薬候補が臨床試験を日本で開始したと発表しました。

DSP-1181と呼ばれる新薬候補は、強迫性障害(OCD)の治療薬として開発されているもの。可能性のある化合物を直接選別するアルゴリズムを使用し、それらをパラメーターの巨大なデータベースと照合して作成されました。これにより、通常、4年半かかる開発を12か月未満で完了したとのことです。

ExscientiaのCEO、Andrew Hopkins氏は、これまでAIを患者の診断や分析に用いた例はあったが、新しい薬品の開発に直接使用したのは初めてであり、創薬における重要なマイルストーンだと、BBCのインタビューに対し答えています。

また、新薬のため適切な分子を見つけるには何十億もの決定が必要であり、薬物を正確に設計するには大きな決断が必要だとも述べています。しかし、アルゴリズムの美しさはそれらにかかわりがなく、あらゆる病気に提供できると付け加えます。実際、すでに癌と心血管疾患の治療薬の開発に取り組んでいるとのことです。

AIに創薬が本格化すれば、薬の開発から臨床試験、そして許認可までの時間が大幅に短縮される可能があるほか、これまで見つけられていなかったまったく新しい薬が誕生するかもしれません。