Pixel 4のGoogleアシスタントが爆速化、英語以外では日本語が初

クラウドを介さず音声処理

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月4日, 午後 02:40 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Googleは、『新しい日本語のGoogleアシスタント』の提供を自社製スマートフォンPixel 4限定で本日(2月4日)より順次開始しました。英語以外への提供は日本語が初めてです。

『新しい日本語のGoogleアシスタント』の特徴は、アプリやウェブサイトの立ち上げ、アラームの設定などといった各種動作が大幅に高速化したこと。

この高速化は、クラウドのデータセンター上にある言語モデルをコンパクト化する技術の進展により実現したもの。クラウドの代わりに一部処理をPixel 4内で行う、いわばクラウドとオンデバイスのハイブリッド処理モデルを導入することで、リクエストの一部をクラウドを経由せずに処理し、遅延の低減を図っています。

実際に試してみると、例えば『YouTubeアプリを開いて』と話しかけると、遅延なくアプリが立ち上がるので新鮮味がありました。アラームの設定も従来よりレスポンスが高速で快適でした。

engadget

engadget

新しい日本語のGoogle アシスタントは画面の左下から斜め右上にスワイプで呼び出すことができます。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: googleassistant, mobile, pixel4
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents