新幹線はスマホで買ってSuicaで乗る「新幹線 eチケットサービス」 JR東日本・JR北海道・JR西日本が3月開始

「QR乗車券」への布石?

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月4日, 午後 03:10 in JR
0シェア
Suica
JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は、新しい新幹線予約サービス「新幹線eチケットサービス」を2020年3月14日に開始します。

このサービスでは、手持ちのSuicaなどの交通系ICカードを新幹線の乗車券代わりに使えます。Suicaでタッチするだけで都内などの在来線の運賃の支払いと新幹線への乗車の両方が完了します。

対象となる新幹線は3社が運行している東北、北海道、北陸、上越、秋田、山形新幹線。チケットはJR東日本が運営する販売サイト「えきねっと」とJR西日本の「e5489」で取り扱われます。通常の乗車券・特急券より割安な運賃で販売されますが、「東京都区内」などの電車特定区間の利用は別途運賃がかかります。

JR
JR▲東京駅発の販売価格


このチケットサービスのためにJR3社は、「センターサーバー照会方式」のIC乗車サービスを構築しています。これは、将来の乗車券の進化を先取りするものになるかもしれません。

従来の乗車券や交通系ICカードでは、チケットそのものに乗車駅などの情報を記録し、降車駅で運賃を算出する仕組みですが、センターサーバー照会方式では予約情報をセンターサーバーで処理し、チケット(交通系IC)には情報を記録せず、ICカードの個体判別のみを行います。この方式の場合、チケットが交通系ICカードである必要はなく、原理的には「QRコード乗車券」への置き換えも可能です。

JR


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: eticket, JR, JReast, JRhokkaido, JRwest, shinkansen, suica
0シェア

Sponsored Contents