iPhoneやApple Watchが自動車キーに?iOS 13.4ベータに手がかり発見

カーシェアにも対応しそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年02月7日, 午後 01:10 in transportation
0シェア
Car
AdrianHancu via Getty Images

アップルは5日(米現地時間)に開発者向けのiOS 13.4ベータ版をリリースしましたが、その中に「iPhoneを自動車のキーとして使用できる」新機能の手がかりが発見されたと報じられています。米9to5Macは、iOS 13.4ベータ内には「CarKey」APIへの参照が含まれていると伝えています。このAPIを使用すると、iPhoneやApple Watchによって自動車ドアのロックやアンロック、およびエンジンスタートができるとのことです。

さらにシステムの内部ファイルによれば、ユーザーは近距離通信(NFC)キーに対応した自動車でCarKeyを使用できるとされています。最近の自動車はテスラを初めとして、スマートフォンを自動車のリモコンキーとして使えるようにする潮流がありますが、それに沿った動きといえます。そしてNFC経由ということで、キーとして使うためにデバイスを持って車両の近くにいるだけでいいわけです。

さらにApple PayのSuicaのようなエクスプレスモード設定と同じく、Face IDで認証する必要もないとのことです(「使用するにはiPhoneまたはApple Watchを押したままにしてください。Face IDを必要とせず、自動的に機能します」との記述)これはiPhoneまたはApple Watchがバッテリー切れであっても、キーとして機能することを意味しています。

自動車との最初のペアリングは、iPhoneのWalletアプリを介して行います。実際のセットアップは自動車メーカーの対応アプリが必要になるため、現状では利用できません。9to5Macによれば初期設定中は車内のNFCリーダー上にiPhoneを置く必要があり、設定が済めばWalletアプリからCarkeyが使用可能に。その後、キーをApple Watchに簡単に追加できる--というのも、Apple PayのSuicaを彷彿させます。

もう1つの興味深い機能は、CarKeyを家族など他の人とも共有できることです。「%@は、ロック解除アクセスで%@を使用するよう招待しました。これにより、iPhoneとApple Watchを使用して車のロックを解除/ロックできます」ということで、複数の人間によるカーシェアにも対応すると思われます。

また、自動ペアリングが失敗した場合でも、ユーザーはPINコードを使ってCarKeyをWalletアプリに手動で追加できるとのことです。そうした事態も想定されているあたり、いよいよ実用化に向けて動いていることが推測されます。

CarKey

iPhone 11シリーズが搭載したU1チップは、自動車のスマートキーとしても活用できる可能性があると指摘されていました。が、そのためには自動車側もUWB(超広帯域)無線システムに対応している必要があります。NFCによる自動車キーは現状でも広く普及しているため、実際にiOS 13.4にCarKeyが正式採用されれば(おそらくアップルも複数の自動車メーカーと実装に取り組んでいると推測されます)多くの人が利用することになるかもしれません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, AppleRumor, automobile, car, carkey, iOS13, ios13.4, smartkey, transportation
0シェア

Sponsored Contents