総務省、既存4G周波数帯の5G転用を前倒し──ソフトバンクCTO明かす

2020年度末に人口カバー率90%を目指す方針

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月7日, 午後 08:50 in 5g
114シェア
engadget
現在4Gで利用している周波数帯の5G転用について、総務省が解禁時期を前倒しするようだとソフトバンクCTOの宮川氏が語りました。

宮川氏は、現在5G向けに割り当てられている周波数について、人工衛星との干渉があることから全国展開は難しいと指摘。『(総務省は既存4G周波数の5G転用を)前倒しするようなので、前倒しになった段階で(既存4G周波数帯の5G転用を)全面展開をしていきたい』と述べました。

ソフトバンクは2021年度末までに、5Gの人口カバー率90%を目指す方針。この実現にも既存4G周波数の5G転用が欠かせないと宮川氏は述べました。

なお、5Gでは、同じ周波数帯で4Gサービスと5Gサービスを同時に展開できる「ダイナミック・スペクトラム・シェアリング」(DDS)という仕組みがあり、既存の4G網に影響を与えずに、4Gと同じ周波数を用いて5Gサービスを一斉展開することが可能となっています。

ソフトバンクは5G商用サービスを3月末に開始する予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: 5g, softbank
114シェア

Sponsored Contents