変なカフェのロボ、客の年齢や特徴をカメラで撮影しAIが判断して接客

コーヒーカップを自動でセット

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年02月7日, 午後 05:15 in robots
47シェア
HIS hennnacafe update

HISは2月7日、同社が運営する「変なカフェ」において、コーヒーを提供するロボットのバージョンアップを行うと発表しました。

変なカフェは、2018年2月1日にHIS渋谷本店内に開業したカフェ。QBIT Roboticsのロボットを使った小規模カフェパッケージ「&robot café system」を採用し、コーヒーを入れる作業をロボットが担います。

今回、新たに周囲の状況を判断して発話できる「おもてなしコントローラー」を、単腕型の高性能協働ロボットに導入。これによって、カメラと連携したAIが来店客の性別や年齢層を判断し、1人1人に適した接客を行えると言います。

また、これまで来店客が手動でセットしていたカップを、自動でセットする仕様に変更し、更なるオートメーション化を図ります。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: ai, camera, HIS, robot, robotics, robots, technology
47シェア

Sponsored Contents