SE2
小型かつ廉価モデルのiPhone SE2ないしiPhone 9(ともに仮称)は、今年春に発売が確実視されています。そんななか、本デバイスが3月中旬に発表されると示唆するリーク情報が伝えられています。今回の発信元となっているのは、有名リーカーのEvan Blass氏です。同氏は未発表のマイクロソフト製品からAndroidデバイスまで幅広い実績で知られており、たとえばSurface Pro 7やSurface Laptop 3を的中させています。最近ではMotorolaの折りたたみ端末RAZRや、サムスンの次期主力端末Galaxy S20+(仮)などの噂を発信していました。

さてBlass氏がTwitterに投稿した(現在は非公開)のは、今後のスマートフォン発売予定カレンダーと思しきスクリーンショットです。そこにはアップルがiPhone SE2(iPhone 9)を3月中旬に発表することや、S20(おそらくサムスンのGalaxy S20(仮))が3月20日に店舗や消費者に届けられるとの表記が確認できます。そしてS20の上にある3月6日の日付は、サムスンが公開したS20用と推測される予約ページにあったものと一致しています。
SE2
このリークがどこを情報源としているか不明ですが、Blass氏の数々の実績を考慮すれば、一定の信ぴょう性は担保されていると推測されます。

これとは別に、今週は中国の技術ニュースサイトcnBetaが、韓国KTの小売店がGalaxy S20およびiPhone 9両方の予約を宣伝している写真2枚を伝えていました。それほど詳しい情報が得られるわけではありませんが、KTは韓国の代表的通信事業者の1つであるため、完全に根拠がないと見なすのも困難と思われます。
SE2
その店頭ポスターにあるiPhone 9の背面写真は、赤い本体色や単眼カメラ、中央のロゴなど、ほぼiPhone 8と同様のデザインです。これまで公開されていた予想レンダリング画像を元にした可能性もありますが、一応は「iPhone 8をベースとしている」通説に沿っているかたちです。

さらにKTはiPhone 9の予約でAirPodsを、Galaxy S20の先行予約でGalaxy Buds+プレゼントを提供していると窺えます。このうちS20については、やはりBlass氏が投稿したリーク画像に含まれていた情報と一致しています。
SE2
これまで出てきた数々の噂話は、ことごとくが「iPhone SE2(iPhone 9)が3月中旬に発表・発売される」ことを指し示している感があります。その日にちが近づくにつれて、さらなるリーク情報が発生する可能性もありますが、懸念されるのは新型コロナウイルスの感染拡大による量産や出荷への影響です。速やかに問題が解決に向かい、iPhone SE2もつつがなく発売されることを祈りたいところです。