モトローラのハイエンドスマホ「Motorola One 2020」、90Hz駆動のウォーターフォールディスプレイを搭載か

5G対応?未対応?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年02月7日, 午後 06:00 in mobile
48シェア
motorola flagship smartphone

米モトローラブランドのハイエンドスマートフォン「Motorola One 2020」のものとされる、リーク画像や情報が海外にて伝えられています。

海外テックサイトのXDA-Developersが入手した、今回の情報。モトローラは2種類の新型スマートフォンを用意しており、ハイエンドモデルはコードネーム「burton」、ミッドレンジモデルは「racer 5G(あるいはracer)」と呼ばれています。このうち、burtonがマーケットネームとしてMotorola One 2020、そしてracer 5GはMotorola One 5G 2020が割り当てられるようです。

そしてどちらのモデルも、サイドが大きく切れ落ちた「ウォーターフォール」ディスプレイを採用します。このようなディスプレイは、中国VivoのNex 3 5Gでも採用例があります。またディスプレイの左上には、フロントカメラ用のパンチホールが存在。さらにフルHD+解像度にて、90Hzでの高速駆動が可能だとされているのです。

Motorola One 2020のスペックとしては、6.67インチ/2340 x 1080ドットディスプレイ、Snapdragon 865プロセッサ、8GB/12GBのRAM、5170mAhのバッテリーを搭載します。なお5G通信への対応は現時点では不明ですが、投入市場によって仕様が異なる可能性をXDA-Developersは指摘しています。

Motorola One 2020は、今月末に開催されるMWC 2020での発表が期待されています。以前にもハイエンド端末への復帰を宣言していたモトローラ、ぜひ市場をあっと言わせるようなスマートフォンを投入してほしいものです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: 5g, mobile, motorola, smartphone
48シェア

Sponsored Contents