galaxy日本時間2月12日、サムスン電子は米サンフランシスコにて「Galaxy UNPACKED 2020」を開催。縦折り型のフォルダブル「Galaxy Z Flip」や、Sシリーズの最新モデルとなる「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」などの最新スマホが披露されました。ここでは「Galaxy UNPACKED 2020」での発表をまとめてみます。

縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」正式発表。フォルダブル初のカバーガラス採用



サムスンは12日(日本時間)、米サンフランシスコで開催中のGalaxy Unpacked 2020にて縦折り型のスマホ「Galaxy Z Flip」を正式に発表しました。グローバルでは2月14日発売で、価格は1380ドル。 (つづき)

縦折りスマホGalaxy Z Flip、NYブランドとのコラボモデルも



サムスンがGalaxy Unpackedイベントで発表した縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」には、オシャレな限定モデルが用意されています。(つづき)

新スマホ「Galaxy S20」3モデル正式発表。5G標準サポート、世界初8K30fps撮影も



サムスン電子は12日(日本時間)、米サンフランシスコにてAndroid 10搭載スマホのフラッグシップ「Galaxy S20」を発表しました。Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3モデルです。

Galaxyのフラッグシップ「Sシリーズ」は10周年の節目にモデル名の表記ルールを変更。2020年モデルでは前モデルGalaxy S10から一気に10飛ばした番号「S20」が名付けられました。 (つづき)

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraは何が違う?サイズ感や主要機能をチェック



サムスンが4日に正式に発表した新フラッグシップ「Galaxy S20」シリーズ。Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3モデルがラインナップされています。3機種の主な違いは「カメラ」と「画面サイズ」の2点。ここではカメラの違い以外について実機の写真とともに紹介します。(つづき)

「Galaxy S20」シリーズ、カメラはどう違う?「S20 Ultra」は1億画素カメラ搭載



サムスンが4日、グローバル版を公式に発表した「Galaxy S20」シリーズ。Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraという3モデルをラインナップしていますが、その3機種はいずれも、カメラ性能の高さが最大のアピールポイントとなっています。

特にGalaxy S20 Ultraは、サムスンとして初めて「1億画素」のセンサーを搭載したカメラ全振りのフラッグシップモデル。この記事では、3機種のカメラ機能にフォーカスして、相違点を整理してみます。(つづき)

「Galaxy S20+ 5G」に東京オリンピックのアスリート限定配布モデル



サムスンが4日、グローバル版を公式に発表した「Galaxy S20」シリーズ。Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraという3モデルをラインナップしていますが、その3機種はいずれも、カメラ性能の高さが最大のアピールポイントとなっています。

特にGalaxy S20 Ultraは、サムスンとして初めて「1億画素」のセンサーを搭載したカメラ全振りのフラッグシップモデル。この記事では、3機種のカメラ機能にフォーカスして、相違点を整理してみます。(つづき)