「Galaxy S20」シリーズ、カメラはどう違う?「S20 Ultra」は1億画素カメラ搭載

S20無印はToFセンサー非搭載ですが、影響は少なめ

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月12日, 午前 04:30 in Galaxy
0シェア

Galaxy S20
サムスンが4日、グローバル版を公式に発表した「Galaxy S20」シリーズ。Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraという3モデルをラインナップしていますが、その3機種はいずれも、カメラ性能の高さが最大のアピールポイントとなっています。

特にGalaxy S20 Ultraは、サムスンとして初めて「1億画素」のセンサーを搭載したカメラ全振りのフラッグシップモデル。この記事では、3機種のカメラ機能にフォーカスして、相違点を整理してみます。

■"映え写真"を量産できる新モード「シングルテイク」

S20シリーズのカメラでは3機種共通で「シングルテイク」という新たな撮影モードを搭載しています。このモードでは短い動画(最大10秒)を撮ると、その場でベストショットを抽出して加工を施した写真や、ショートムービーなどを生成します。

Galaxy S20シリーズ

ハイライトを検出したり、写真を自動で選んで加工をするだけであれば、昨今の「AIの活用事例」としては珍しくもないものですが、この機能は撮ったその場で複数(最大14個)の結果を提案して、その中から自由に選んで保存できるのがミソ。

さらに、3つの画角のカメラが同時に稼働し、1つのシーンでも超広角の写真を提案してきたり、BGM付きループ動画などのちょっと凝ったムービーを提案したりもします。

言ってみれば「ちょっとカメラを回すだけで、Instagram映えする写真とTikTok映えする動画を一度に撮れてしまう」というSNSコミュニケーション時代らしい機能。その機能の実現を高性能なデバイスのパフォーマンスが支えていることを踏まえると、まさにGalaxyならではの機能と言えそうです。



■3機種共通のカメラ機能

静止画では、超広角(0.5倍)からデジタルズーム(望遠30倍)までの撮影が可能です。ピンチして簡単にズームできるほか、10倍や30倍といった特定の比率にワンタップで変更できるボタンも表示されます。

Galaxy S20シリーズ

また、動画では8K解像度で30fps撮影をサポート。サムスンによると8K/30fps撮影のスマホへの搭載は世界初としています。撮影した動画をシェアするとき、アップしやすい解像度に変更する機能を搭載。さらに動画撮影中に、ここぞというシーンでボタンを押すと8Kで撮れる機能も備えます。

■Galaxy S20+はToFセンサーがプラス

無印Galaxy S20の背面がトリプルカメラなのに対して、Galaxy S20+ではクアッドカメラ(4カメラ)となっています。

ただし、Galaxy S20+で追加されたカメラはToFセンサー(深度カメラ)で、被写体との距離を測るための補助的なもの。撮影できる機能はGalaxy S20無印と+で違いはありませんが、ボケ効果を適用するときなどに(ソフトウェア処理で補正しているS20無印との比較で)より現実的なぼかしが期待できるといった差にとどまっています。

■Galaxy S20 Ultraは「1億画素カメラ」で低照度強化・100倍ズーム

Galaxy S20 Ultraは、特にカメラを強化したモデルとなっており、Galaxy S20+の広角カメラの代わりに、「1億画素センサー」の広角カメラを搭載しています。このセンサーはサムスンがシャオミと共同開発し、シャオミの「Mi Note 10」で採用されたものと同型のもので画素数は1億800万画素(108メガピクセル)となっています。

サムスン独自の工夫として、「1億画素センサー」の9ピクセル分を1ピクセルとして扱って、1200万画素相当の写真を撮る技術を搭載。こうすることで1画素あたりで集められる光の量が多くなる、つまり暗いところでもくっきりとした写真が撮れるというメリットがあります。もちろん、1億画素相当の写真(12000×9000ピクセル)を撮影することもできます。

Galaxy S20シリーズ

さらにGalaxy S20 Ultraでは、デジタルズームが「最大100倍」に拡大されています。ただし、100倍ズームともなるとディティールはほとんどなくなり、遠くの被写体の印象がなんとなく残るような仕上がりになるため、少なくとも最高倍率に関しては実用的とは言いがたいでしょう。

Galaxy S20シリーズ
Galaxy S20シリーズ

■カメラ周りの詳細スペック

ここまで見てきた通り、メインカメラ(背面カメラ)はGalaxy S20がトリプルカメラ(超広角、広角、望遠)で、Galaxy S20+とGalaxy S20 UltraはこれにToFセンサーが追加されたクアッドカメラという構成。Galaxy S20 Ultraのみ広角カメラで1億800万画素(108メガピクセル)センサーを搭載します。なお、ズーム方式の違いのため、望遠カメラのセンサーサイズはGalaxy S20/S20+の方がGalaxy S20 Ultraより大きくなっています。

インカメラはGalaxy S20無印とS20+が10メガピクセル、Galaxy S20+が40メガピクセルとなっています。

Galaxy S20 カメラスペックシート速報:新スマホ「Galaxy S20」3モデル正式発表。5G標準サポート、世界初8K30fps撮影も

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraは何が違う?サイズ感や主要機能をチェック

「Galaxy S20+ 5G」に東京オリンピックのアスリート限定配布モデル


速報:縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」正式発表。フォルダブル初のカバーガラス採用

縦折りスマホGalaxy Z Flip、NYブランドとのコラボモデルも

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Android, camera, Galaxy, GalaxyS, GalaxyS20, mobile, Smartphone
0シェア

Sponsored Contents