ポケGOや3DSのポケモンをNintendo Switchの最新作に移動できる「Pokémon HOME」配信開始

無料で試せるフリープランもあります

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年02月12日, 午前 11:04 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Nintendo Switchとスマートフォンを対象としたクラウドサービス「Pokémon HOME」(ポケモンホーム)の配信が開始されました。

Pokémon HOMEは「すべてのポケモンが集まる場所」のコンセプトのもと、ハードの垣根を越えてポケモンを預けたり、オンラインでポケモンを交換できたりするクラウドサービスです。最新作「ポケットモンスター ソード・シールド」や「~ Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」との連携は勿論のこと、3DSなどのソフト間でポケモンをやり取りできるポケモン預かりサービス「ポケモンバンク」を通じて過去作のポケモンをNintendo Switchに移すことができます。また、スマホゲーム「ポケモンGO」にも対応しています。

Engadget
Pokémon HOMEの利用には、フリープランとプレミアムプランがあります。フリープランのユーザーは預けられるポケモンの数が30匹で、ポケモンバンクからPokémon HOMEへのポケモンのひっこしなどの機能が制限されます。

プレミアムプランの価格は1か月(30日)が360円(税込み、以下同)3か月(90日)が600円、12か月(365日)が1950円となっています。

各ソフトとの連携に関しては、「ポケモン ソード・シールド」はポケモンを預け、引き出すことは可能。「ポケモン ピカ・ブイ」は預けるほかに、「ポケモン ピカ・ブイ」から連れてきたポケモンのみ、引き出すことが可能です。3DSソフトのポケモンをクラウドで管理できる「ポケモンバンク」は預けることしかできません。また、「ポケモンGO」との連携については今後実装予定です。

■関連リンク
Pokémon HOME


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: nintendo, pokemon, pokemon home, pokemongo, pokemonhome
0シェア
FacebookTwitter