丸紅の「フルMVNO」が始動、eSIMなど自社発行

法人向けに展開

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月13日, 午後 01:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
丸紅が「フルMVNO」サービスを2月に開始すると発表しました。「フルMVNO」への参入はNTTコミュニケーションズも表明しており、先行するIIJに続き、2社が相次いで参入することになります。

丸紅の「フルMVNO」は、100%子会社の丸紅ネットワークソリューションズが提供。同社はこれまでもNTTドコモ網のMVNOサービスを企業向けに展開していました。

今回、新たに加入者管理システム(HLR/HSS)を自社で保有し、ドコモ網を利用した「フルMVNO」となることで、自社でSIMカードを発行可能に。丸紅は下記のような活用例を挙げています。

・e-SIM型PC・タブレット向けモバイル通信
・空調や工作機械等のIoT向け国内外通信・セキュリティ・統合管理
・訪日旅行客向けプリペイドSIMカードを活用した利用者の属性情報取得、アプリのダウンロード、リンク誘導、広告配信等のモバイルマーケティング

丸紅の阿部達也氏(情報・不動産本部長)は、「フルMVNO」化の利点について、Engadget日本版の取材に対し、eSIMを利用可能になるなど、IoT機器に搭載するSIMの自由度が上がる点を挙げました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: marubeni, mobile, mvno
0シェア
FacebookTwitter