Engadget
フリューとNTTドコモは2月10日は、プリントシール機で5Gを活用するための共同実証実験を開始しました。同実験では高速・大容量、低遅延といった5Gの有用性と可能性を検証し、プリントシール機とエンタテインメント分野で求められる通信技術の発展をめざすとしています。現在フリューが商用展開しているプリントシール機では、撮影した画像をスマホに転送する機能が搭載されています。しかしその際には短時間での提供を実現するために、画像データの縮小を施しています。つまり元来の高品質な画像をユーザーに提供できないのが現状で、画質のさらなる向上が課題でした。

今回の実証実験では、5Gを活用して高画質なプリントシール画像を遅延なく、高速にユーザーへ提供を目指します。実験の流れとしては、プリントシール機で撮影後にフリューのサーバーにデータをアップロードして、会場の5G対応スマホにてデータをダウンロードします。これにより、ユーザーは5Gでのデータ転送の速度を体感できるそうです。
■実証実験概要
場所:スマートフォンラウンジ名古屋
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目4−6 サカエチカ クリスタル広場前 B1階
期間:2020年2月10日(月)~17日(月)
営業時間:10時~20時
料金:フリープレイ