ヤマト運輸、中型トラックもEV化 神奈川県でモニター運用開始

本格導入へ

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
110シェア
engadget
ヤマト運輸が中型トラックのEV化に乗り出します。まず、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン」を1台導入し、神奈川県藤沢市でモニター稼働を開始します。

同社は、先般発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」でグリーン物流の実現を掲げており、昨年11月に小型商用EVトラックを導入するなど、車両のEV化に乗り出しています。

そして今回、中型商用トラック(車両総重量3.5t以上7.5t未満、準中型免許以上で運転可能)のEV化に向けて、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン」を1台導入します。

同トラックはEVであるとともに、クルマから降りることなく運転席から荷台へ移動できる「ウォークスルー方式」を採用するため、温室効果ガス削減とともに労働環境向上にも役立ちます。

ヤマト運輸は今回のモニター稼働を機に、中型トラックの本格導入に乗り出す方針です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: delivery, ev, kuronekoyamato, transportation
110シェア

Sponsored Contents