AQUOS R5G
シャープは、大手キャリアがこの春スタートする「5G」に対応するモバイルルーターを発表しました。キャリアの商用サービス開始にあわせて発売されます。

5Gにはこれまでの4G LTEで使われていた周波数帯「サブ6(6GHz以下)」のほかに、新しい周波数帯「ミリ波(日本では28GHz)」が導入されますが、シャープの5Gモバイルルーターはその両方をサポート。5Gの性能をフルに生かした通信が可能です。5Gの通信速度は下り4Gbps、上り800Mbpsとなっています。

5Gモバイルルーター

このルーターのコンセプトは「5Gを"シェア"」。5Gの高速なモバイル通信なら複数のスマホや機器を接続しても安定して通信できるため、少人数のチームなどで使うような用途を想定しており、Wi-Fi 6をサポートするほか、2.5GBASE-Tの有線LAN端子も装備。USB Type-C端子経由でのデータ通信も可能です。

大きさは約157×84 ×16.1mmで重さは約280gと、4G LTEのモバイルルーターの主流製品よりも大きめ、重め。大型化の理由は有線LAN端子を搭載したことと、5Gでの通信性能を確保したためとしています。5Gについては、ミリ波でも安定して送受信できる電波強度が確保するため、3方向に向けたアンテナを搭載しています。

5Gモバイルルーター
5Gモバイルルーター

17日の発表会では、8K映像の信号波を5G経由で送信するデモンストレーションが実施されていました。国内で5Gサービスがスタートしていないため、試験装置の中という限定された環境での通信でしたが4K映像2本分のデータを安定して受信している様子でした。

5Gモバイルルーター5Gモバイルルーター

なお、この「5Gモバイルルーター」は大手キャリアの5Gサービスに対応する製品として発表されていますが、2月17日の発表時点では、どのキャリアで投入されるかや価格については明らかにされていません。また、製品名については携帯キャリアが独自のブランドネームを命名する可能性もあります。