JRがハッピーセットをリサイクルしたナノブロックで「高輪ゲートウェイ駅」を作成

小さい製品版も販売予定

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年02月17日, 午後 12:45 in JR
75シェア
Engadget
JR東日本スタートアップは2月17日〜23日の期間、品川駅構内イベントスペースでにて「STARTUP_STATION in 品川駅」を開催しています。

同イベントは、ベンチャー企業の駅や鉄道に関係するビジネス提案を募りサービスの実現を目指すプログラム「JR東日本スタートアッププログラム2019」の一環です。プログラムに採択されたベンチャー企業がSDGs(持続可能な開発目標)推進をテーマに出展しています。

Engadget
今回のイベントで注目を集めていたのは、日本環境設計によるナノブロック「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマ。日本環境設計は、回収した服やペットボトルを再資源化し新商品開発などを展開している企業です。

今回の展示では、マクドナルドのリサイクル企画「マックでおもちゃリサイク」で回収されたおもちゃをリサイクルしてナノブロックに再利用しています。

ちなみに「高輪ゲートウェイ駅」は山手線の田町ー品川間にて3月14日に開業予定の新駅です。ナノブロックを開発するカワダも今回のプロジェクトに協力しており、「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマ制作にあたって複雑な形状の屋根の再現に苦労したそうです。

Engadget
▲巨大なジオラマを囲むようにナノブロックが展開しているランドマーク模型も配置されています。レールを走る山手線車両はナノブロックでできたNゲージ的製品「ナノゲージ」。

Engadget
今回展示されている「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマとは別に、小さいサイズの製品も夏頃に発売予定。こちらも一部、再生資源を利用しています。価格は未定でナノブロックの直営店などで販売予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: JR, TOY
75シェア

Sponsored Contents