ソフトバンク、手さげ袋を「石灰石」製に プラ袋廃止

5月から順次導入

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月17日, 午後 01:40 in softbank
215シェア
engadget
ソフトバンクは、全国6000の携帯販売店で年間約550万枚のプラスチック袋を廃止し、代わりに石灰石などを使用した手提げ袋「Bio LIMEX Bag」を2020年5月より順次導入すると発表しました。

「Bio LIMEX Bag」は、日本企業のTBMが開発した、紙・プラスチックの代替となる新素材「LIMEX」(ライメックス)を使用。主原料として石灰石と植物由来樹脂を使用し、従来のプラスチック袋に比べて、石油由来のプラスチック使用量やCO2の削減を実現します。一般的な紙袋に比べても安価で、レジ袋・買い物袋・ゴミ袋など幅広いサイズに対応します。

engadget

プラスチック袋は細分化されたマイクロプラスチックの海洋汚染が深刻化しており、プラスチックストローなどと同様に世界的に削減の動きが進んでいます。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: softbank, ymobile
215シェア