Android OfficeMicrosoftは2月17日(現地時間)、Android向けのOffice統合アプリ「Microsoft Office」を正式リリースしました。これは、2019年11月パブリックプレビューを公開していたもの。すでにリリー済みのWord、Excel、PowerPointを個別にインストールしなくても、Microsoft Officeだけで文章の作成、編集などが可能になり、Windowsの付箋(メモ)も表示・編集を行えます。


アプリ内から、OneDriveの各ファイルにもアクセスが可能なほか、カメラで表を撮影してExcelに変換したり、書類を撮影してWord文書に変換、画像をPDFに変換、PDFへの署名挿入といった機能にも対応しています。

なお、このバージョンはプレビュー版と同様、スマートフォン向けにのみリリースされており、Chromebookやタブレットにはインストールできませんでした。こららについては、プレビュー版の時点では、今後提供予定とされていました。

Office系のアプリは、スマートフォンで見れると、電車の中などちょっとした隙間時間に書類を確認できるので便利ですが、やはり広い画面で作業したいもの。今後のアップデートに期待したいところです。