YouTuberが縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を分解、構造はFoldよりシンプル

埃よけブラシは確認できず

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Z Flip Teardow

韓国サムスンの縦折りスマートフォン「Galaxy Z Flip」の分解動画が、海外にて投稿されています。

Galaxy Z Flipは縦長の約6.7インチディスプレイを搭載し、フリップケータイのように縦方向に折りたたむことが可能です。これにより、折りたたみ時にはコンパクトなサイズを実現。さらに、本体背面には1.1インチの通知用ディスプレイも搭載しています。



そしてYouTubeチャンネルのPBKreviewsが公開した分解動画では、その複雑な内部構造が見て取れます。しかし、先代の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」と比べると、背面カバーを外すことで多くのパーツにアクセスできることから、分解/修理のしやすさはかなり向上していることがわかります。

本体内部には、大小2個のバッテリーを搭載。そして超薄型ガラスカバーを採用した折りたたみディスプレイは、プラスチックカバーを採用した米モトローラの「razr」のものと比べると、しわや歪みが少ない印象を受けます。ただし、その強度はプラスチックと変わらないとの報告もあり、取り扱いには注意が必要です。

一方で、ヒンジに内蔵され誇りの混入を防ぐ「マイクロファイバー」に関しては、動画では報告されていませんでした。このあたりは、iFixitのような専用の分解業者のレポートを待ちたいところです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: foldablesmartphone, galaxy, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents