HyperJuice100wアメリカ、Sanho Corporation社のブランドであるHYPERは、USBハブやケーブル等の周辺機器メーカーで知られています。その中でも電源系製品の「HyperJuiceシリーズ」は特に有名な製品です。その最新モデルが、GaN(窒化ガリウム)を採用した高出力100Wの小型USB ACアダプタ「HyperJuice 100W GaN USB-C Charger」です。

HyperJuice 100W GaN USB-C Chargerは2019年11月にKickstarterとIndiegogoでクラウドファンディングが開始されると、すぐに目標額をクリアし、最終的には希望額を遥かに超える金額で終了しました。初期ロットは予定どおり2020年の1月に出荷され、その内の1個が手元に届いたので早速使ってみました。

HyperJuice100w
▲Kickstarterの該当画面。公開されてすぐに目標額に達しました。日本でもMakuakeでプロジェクトが進められています

HyperJuice100w
▲シンプルな紙箱パッケージ。自分の荷物は香港を出てから、なぜかスェーデンを経由して手元に届きました

USB規格混在時代の救世主

昨今のUSB Type-Cの普及に伴い、対応機器も増えてきたので積極的に入れ替えています。スマートフォンやタブレット、PCにモバイルバッテリー、このあたりはUSB Type-Cになりました。お陰でケーブル類も共有できるようになり、荷物が減って助かっています。同時にUSB PD(Power Delivery)に対応した機器も増えてきて、高電圧での高速充電が可能になりました。USB PDは使い始めるともうそれ以外は使いたくなくなるほど快適です。

ですが、問題になるのはUSB ACアダプタです。USB Type-Cであれば大半は使えるのですが、そうも行かないのがUSB PDによるパワールール。5Vから20Vまでの間でいくつかの電圧と電流の設定があり、最適な設定で接続できないと高速充電ができません。

一番容量の大きいMacBook Pro 16インチ用の96Wタイプを持っていけば、大半の機器で使い回せますが、出力ポートは USB Type-Cが1つだけ。MacBook Pro側に4ポート(1つは電源供給として使用)あるのでそれらに繋ぐという手もありますが、流石にスマートではありません。そういった電源事情をスマートに解決してくれるのがHyperJuice 100W GaN USB-C Chargerです。

85.3×60.8×28.9(mm)というクラス最小のサイズで、USB Type-CとType-Aをそれぞれ2ポート装備しています。USB Type-C側はUSB PD 3.0に対応して合計で最大100W。USB Type-A側はQuick Charge 3.0に対応して合計で最大18Wと、クラス最大級の出力です。これだけあれば、一般的な周辺機器はほぼ全て対応できるでしょう。

HyperJuice100w
▲USB Type-CとType-Aを各2ポート装備。恐らく現在最もバランスの良いポート構成だと思います。一番上は通電時に発光するLEDインジケータです

HyperJuice100w
▲USB Type-C側でPD 3.0規格で、5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/5Aと文句なしのほぼフル対応。USB Type-A側はQC 3.0規格で、5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A

HyperJuice100w HyperJuice100w
▲Apple 96W ACアダプタとの比較。厚み以外ではHyperJuice 100W GaN USB-C Chargerが小さくまとまっています

HyperJuice100w HyperJuice100w
▲注目すべきはその重量。サイズ差に対して重量は30%以上も軽量です。実際に持つとかなりの違いが感じられます

USB Type-Cで100Wというのはかなりのものです。試しにMacBook Pro 16インチと13インチを同時に接続して使って見ましたが、MacBook Pro側にある程度のバッテリー残量があれば、2台に対して難なく供給できました。本体がスリープ状態ならば、バッテリー残量がほぼ無くてもちゃんと満充電可能です。また、USB Type-A側は別回路なので、USB Type-Cの電力を気にせず給電されるのは助かります。

GaNのせいか、フルパワー供給の状態でも発熱は穏やかで、ケースが触れないくらい熱くなるような事はありませんでした。

HyperJuice100w
▲MacBook Pro 16インチと13インチを同時に接続してみました。バッテリー残量がある程度あれば問題無く給電可能でした

海外族に便利なプラグアダプタ

地味ながら便利に感じたのは、海外の様々なコンセント形状に合わせたプラグアダプタが付属していること。プラグアダプタは本体に直接接続するスタイルでしっかりと固定されるので、一般的なプラグアダプタを経由させるよりも安定してコンセントに差し込めます。最近はこうしたアダプタなしでも使える所は増えましたが、全てではないのでこうした付属品はとても助かります。

HyperJuice 100W GaN USB-C Charger本体に付いているプラグは日本やアメリカで主流のAタイプ。折りたたんで本体に収納できるので、余計なケーブルを携帯する必要がありません。

ですが、プラグの位置が安定しない部分にあるため、重量のある100W対応ケーブル2本差しの場合、緩めのコンセントだとアダプタ本体の重量と合わせてどんどん抜けてきます。こうした場合はテーブルタップなどを経由させて取り付けたほうが安心でしょう。

HyperJuice100w HyperJuice100w
▲本体にはAタイプが収納型で組み込まれています。付属品のプラグアダプタもひと通り同梱。プラグアダプタは本体にしっかり接続して使えるのでグラグラしません

HyperJuice100w
▲アダプタ本体で200g。それにケーブルが加わるとプラグ部分にはそれなりの重量が掛かります。この位置にプラグがあると、抜けやすいのが気になりました

ここまでの小型化を可能としたGaNって?

さて、HyperJuice 100W GaN USB-C Chargerがここまで小型・軽量化できたのは、内部のスイッチング電源部にGaN(窒化ガリウム)を採用したからです。GaNは高輝度LEDの業界では以前から使われており、青色LEDの存在において無くてはならない物質です。電力変換効率の良さから近年はスイッチング電源への応用も進んでいました。

既存のUSBアダプタに一般的に使われているスイッチング電源の多くが、シリコン系のトランジスタを使っており、必要な電源を変換する過程において内部効率などで熱が発生します。GaNはシリコン系と同じ条件下で、内部効率の良さから発熱量が少なく、高温下での安定動作が可能なことから放熱構造を小さくできるため、電源ユニットの大幅な小型、軽量化を実現しました。現在の課題は製造コストですが、今後普及することで価格は確実に下がるでしょう。

ちなみにHyperJuice 100W GaN USB-C Chargerで通常価格は99ドル。日本国内では9900円(税別)の予定です。

中国の通販ページを見ていると、Hyperブランド以外でも似たような形状で近いスペックのGaNを採用した電源が発売されています。GaNモジュールを製造できる工場はまだ限られているので、電源の製造元は近い所にあると考えられます。

なお、日本でこういった電源を使うには、日本の安全基準を満たして承認されたPSEマークが付いている必要があります。HyperJuice 100W GaN USB-C Chargerは日本国内のPSEはもちろん、各国の安全基準をクリアしているのでその点は安心。逆に安全基準を満たしていない製品は購入しないようにしましょう。基本構成は同じだとしても品質面で問題がある場合もあります。

今後も、GaNモジュールを搭載したアダプタはどんどん登場すると思われます。いつの時代も電源アダプタはキーデバイスなので、より良い製品が登場するのを期待します。