サムスンが自宅で「Galaxy S20」を試せる宅配サービス開始

ただしサービス対象地域は韓国国内のみ。コロナウイルスの影響によるイベント中止の代替策として

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年02月18日, 午後 07:00 in smartphone
33シェア
Galaxy S202020年2月18日、サムスン電子は、新製品を試したいユーザーに向けて、サンプル用の端末を自宅に届けるサービスを開始しました。

2020年2月11日(現地時間)にサンフランシスコで行われた新製品発表イベント「Unpacked」で、最新の「Galaxy S20」や縦型の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」などを発表したサムスンですが、新型コロナウイルスの影響で店舗での販売促進イベントを大幅に自粛。そのため、売り上げの低下が見込まれています。

そこでサムスンは、マーケティングを強化するために「Galaxy S20」が試せる宅配サービスを開始。試用時間は配達から最大24時間で、利用時間が終わるタイミングで配達員が訪問し、お試し用の端末を回収するという仕組みです。

感染を警戒して外に出たくない人にとってはうれしいサービスですが、利用できるのは韓国の一部地域のみで、日本など他の国では行われないようです。ただ、新型コロナウイルスの流行はまだ終息しておらず、仮にこのサービスが韓国国内の売り上げに好影響を与えるようであれば、他の国でも導入されるかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: delivery, galaxy, galaxy s20, galaxy z flip, rental, Samsung, smartphone, unpacked
33シェア

Sponsored Contents