SpaceXが宇宙旅行代理店と契約。2021年にも軌道への旅行が実現?

ISS越しに地球を見下ろせるかも

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月19日, 午後 12:05 in business
35シェア
SpaceX

SpaceXが宇宙船Crew Dragonに民間人を乗せる宇宙旅行を企画するSpace Adventuresとの契約を締結しました。Space Adventuresは2001年以降、国際宇宙ステーション(ISS)へ民間人を複数名送り込んだ実績がある宇宙旅行代理店です。

計画によると、Space Adventuresの"観光客"は米国で数週にわたる訓練を行い、フロリダ州ケープカナベラルでCrew Dragonに搭乗して最大5日間、軌道上での"観光"を楽しめるとのこと。このCrew Dragonが到達するのはISSよりもさらに高高度の軌道ということで、場合によっては過去50年間人類が到達しなかったところまで行けるということです。なお、国際宇宙"ステーション"には停泊しません。

Space Adventuresの共同創業者エリック・アンダーソン氏は「Space Adventuresは民間人が宇宙を体験できる、ユニークかつこれまでに不可能だった機会を生み出すことです」と述べています。
SpaceXのCrew Dragonは、まだ有人飛行の実績はないものの、無人の打ち上げではISSへのドッキングに成功し、打ち上げの際に万が一トラブルが出た場合を想定したカプセル離脱試験も完了しました。2020年5月ごろには初の飛行士搭乗による打ち上げ試験を実施する予定です。

契約によれば、Crew Dragonでの宇宙ツアーは2021年後半~2022年の開始を計画し、最大4人までが同乗できるとのことです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: business, crew dragon, Space, space adventures, space flight, space tourism, spacex, tomorrow
35シェア