iOS版Google Fitがウィジェットに対応。スワイプだけで活動量を確認可能に

iPhoneでGoogle Fitを利用しているなら便利に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年02月19日, 午後 02:50 in mobile
0シェア
Google Fit
Googleは同社のフィットネスアプリGoogle FitのiOS版をアップデートし、あらたにウィジェット表示に対応させました。

Google Fitは長らくAndroidでしか利用できませんでしたが、2019年4月にiOS版をリリース。若干の機能差はあるものの、Android版とほぼ同等の機能を有し、Apple Watchとの連携も可能です。


そのiOS版Google Fitが、あらたにウィジェットに対応。ホーム画面を右方向にスワイプして表示される「今日の表示」に円グラフと共に運動時間(分)、強めの運動(ポイント)、歩数を表示可能となりました。もちろん、ウィジェットをタップすれば、Google Fitアプリが起動します。

iOS Google Fit

なお、Android版は一時期ウィジェットに非対応となっていましたが、現在では利用可能。こちらもウィジェットのタップでGoogle Fitアプリの起動が可能です。
Wear OSのスマートウォッチを所有していれば、運動量はそれで確認するのが手っ取り早いですが、Apple Watchを利用している場合には、これまでアプリを起動するしか確認手段がありませんでした。iPhoneを所有し、Google Fitを利用しているというニッチな層にとっては、便利なアップデートとなりそうです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, app, fitness, gear, google, google fit, ios, iphone, mobile, wearables
0シェア