Engadget
NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」は2月20日、クローズドベータテスト期間終了後の3月1日から無料プレサービスを開始することを発表しました。

クローズドベータテストに当選しているユーザーは引き続き、正式リリース日まで無料プレサービスを楽しむことができます。また、サーバーに空きが出次第、クローズドベータテストに落選した方の中から、随時無料プレサービスを開放する予定です。

また、2月20日から正式リリースに向けてウェブサイトにて事前登録の募集を開始しました。クローズドベータテスト応募者と、事前登録者には正式リリース後全員に「特典」を提供予定としています。

GeForce NOWはゲームプレイに関わるデータ処理をサーバー側で実行し、ストリミングするサービスです。よって、グラフィックスやメモリが高性能でないPCやタブレット、スマホであっても処理の重いゲームをプレイできます。

GeForce NOW大きな特徴は、他サービスのデジタルストアと連携することで購入したPCゲームをセーブデータごと持ち込んでプレイが可能なこと。対応可能なストアは「Steam」「Epic Gamesストア」「Ubisoft Store」です。北米欧州での無料ベータに基づくと500タイトルが対応しています。日本ではソフトバンクとの協業で展開されます。