テンキーやショートカットキーになるタッチパネル搭載のキーボード「T2_Flexible」レビュー

ワイヤレスにも対応してくれるとうれしいですね

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年02月21日, 午後 07:32 in accessory
0シェア
FacebookTwitter

Engadget
GREEN FUNDINGにて様々なプロジェクトを立ち上げているAFU STOREから、多機能なタッチパネルを搭載したキーボード『T2_Flexible』が展開中です。価格は1セット8,980円~で2個セット・10個セットもそれぞれ割引価格で販売中です。


GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する


Engadget
T2_Flexibleは本体右側に4インチ液晶タッチパネルを搭載しており、「マウス」「テンキー」「ショートカットキー」「電卓」「音楽再生」「時刻表示」の5つの機能を利用できます。


「マウス」機能では、ポイント移動やクリック、ドラッグドロップなどを物理マウスのように操作できる機能があります。しかし、今回の試用では動作は重くて扱いにくかったです。



「テンキー」は、iPhoneに備わっているものと同じなため、より普段の感覚で使用することが出来ました。テンキーって配置に余裕がないものが多く使いづらいよなぁと思っていたので、この使い勝手は非常に良かったです。

「ショートカットキー」は24個設定可能で、そのうち12個にはよく使うアプリやフォルダ、ファイルを任意で登録できます。「電卓」はファンクションキーからすぐに機能を呼び出せるのでスマホでアプリ起動する手間を省けます。「音楽再生」は停止や再生、曲のスキップが可能。「時刻表示」はファンクションキーのホームボタンを長押しすると立ち上がります。

Engadget▲左側にはファンクションキーも備わっているため機能がより素早く呼び出せます。


キーボード自体の操作性としては、打鍵音も落ち着いていますし、適度な沈み込みで打ち心地も良いです。MacBook以外のキーボードだと打ちにくいと感じる筆者でも慣れるのに時間はかかりませんでした。

起動もスムーズですし、有線なのでタイピングのラグもありません。ワイヤレスにも対応してくれるとより便利かなと思いますが。配列はUSのみなので普段からMacを使用している方、JIS配列を使用している方には慣れが必要です。


筆者は最終的にノートPCのトラックパッドを使用してこの記事を書いています。しかしながら、このサイズ感の取り回しの良さと機能の多さには目を見張るものがあるかと思います。コンパクトなキーボードをお求めかつ、普段から使うマウスがあればなお、おすすめな製品であるといえますね。

この『T2_Flexible』は現在、一般発売は行っておらず、GREEN FUNDINGにてプロジェクトを展開中です。2020年3月31日の23:59まで展開していますので是非チェックしてみてください。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: accessory, greengadget, keyboard, laptop, pc
0シェア
FacebookTwitter