5G対応「Xperia 1 II」のカメラに期待、こだわりの「連写」が気になる!

独自のアプローチに可能性を感じます

井上晃(AKIRA INOUE)
井上晃(AKIRA INOUE)
2020年02月24日, 午後 05:30 in android
0シェア
FacebookTwitter
ITコンシェルジュ
Xperiaシリーズのフラグシップ「Xperia 1 II(マークツー)」がグローバル向けに発表されました。同機はクアルコムのSnapdragon 865 5G Mobile Platformを採用し、サブ6の周波数帯で5Gに対応。5Gの高速なアップリンクを活かす複数の新機能があるなかで、筆者としてはXperia 1にも搭載されていた連写機能に改良が施された点に期待しています。

クアッドカメラになり、センサーサイズもUP


Xperia 1 IIの背面カメラは、望遠、標準、超広角にToFセンサー(iToF)を加えたクアッドカメラ構成になりました。カメラ群は、背面の左上角に位置します。従来モデルの「Xperia 1」では、ToFセンサーのないトリプルカメラでしたし、カメラも端末中央に位置していたので、デザインの印象は大きく変わっています。
ITコンシェルジュ

Xperia 1 IIの望遠、標準、超広角カメラの有効画素数は、約1200万画素。標準と超広角カメラはデュアルPDセンサーを採用します。

35mm判換算の焦点距離とセンサーサイズについて、従来機とXperia 1 IIを比べると、望遠が[52mm、1/3.4"]から[70mm、1/3.4"]、標準が[25mm、1/2.6"]から[24mm、1/1.7"]、超広角が[16mm、1/3.4"] から[16mm、1/2.6"]のように改良されました。例として、標準カメラを取り上げるならば、そのセンサーサイズは約1.5倍になっています。また、新たに超広角カメラが、標準カメラと同様にDual-PD AFに対応した点もポイントです。

なお、レンズには、ソニーとツァイスが共同開発した「ZEISS(ツァイス)レンズ」を採用。「T*(ティースター)コーティング」によりレンズ内反射を低減し、クリアな撮影を可能にしています。

ただし、今回は実機での撮影を試せていないので、各カメラで具体的に撮れ方がどう変わったのかは評価しかねます。この点は、実機レビューが可能になったら改めて確認したいところ。


連写関連機能の進化が面白い


Xperia 1 IIに特有の撮影機能としては、αシリーズで培った高速連写機能が挙げられます。もともとXperia 1ではAF/AE追従で最高10コマ/秒の高速連写が可能でしたが、Xperia 1 IIでは倍の20コマ/秒に進化。なお、これは2017年に発売されたミラーレスカメラ「α9」と同等の数字です。なお、AFエリアカバー率は約70%で、画面の中央部以外でも焦点を合わせられるといいます。

また、Xperia 1が対応した「リアルタイム瞳AF」も踏襲。人だけではなく犬などの瞳にも自動で焦点を合わせられるので、そのうちドッグランで連写する人が続出するのかもしれませんね。

ITコンシェルジュ

市場としてはiPhoneの「Live Photos」や、Pixelシリーズの「モーションフォト」&「トップショット」のように連写よりもショートムービーを撮影してAIが最適なシーンをチョイスするという流れが目立ちます。これらの機能は躍動感を伝えるのに適していますし、スマートフォンならではの簡易な操作も魅力です。しかし、「動きの速い被写体を鮮明に捉える」という文脈では、かならずしもベストではないのかもしれません。そんな意味で、「連写でしか撮れない画質を追求する」というアプローチはXperiaならではです。

新搭載の「Photography Pro」や、進化した「Cinematography Pro」など、オリジナルの撮影アプリが使えるのはもちろん魅力的。しかし、筆者としては、5Gで大容量のコンテンツを共有するという文脈で、「連写した大量の写真も素早く共有できる」というポイントがアピールされたことが、最も印象的でした。

ITコンシェルジュ

ちなみに、シャッターキーを半押しにした状態で被写体を捉えると60回/秒のAF/AE演算が実行されるとのこと。連写でなくとも、動きの速い被写体がどのくらい撮影しやすいのかも、連写とあわせてぜひ試してみたいところです。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, itof, sony, SonyMobile, tof, xperia 1, Xperia 1 II, xperia1ii
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents