ファーウェイMatePad Pro 5G発表。最大27Wのワイヤレス充電に対応するタブレット

一部オリジナルよりすごいiPad Proクローン

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月24日, 午後 11:55 in Mobile
0シェア
FacebookTwitter
Huawei
Huaweiが、日本時間2月24日22時からのヴァーチャル発表会で、新型タブレットMatePad Pro 5Gを発表しました。2019年秋に発表したMatePad Proを5G対応にした製品です。クローンと呼ばれるだけあって、オプションのキーボードとスタイラスペンを装着した姿は(クローンと呼ばれるだけ合って)アップルのiPad Proに非常によく似ており、知らない人なら間違って購入してしまいそう。一方でワイヤレス充電はiPad Proにはない機能であり、今回の新製品は5G通信にも対応するなど、オリジナルを凌駕する部分も備えています。

Huawei独自UIのEMUI対応スマートフォンとペアリングすれば、スマートフォン側の画面をタブレットの大画面にミラーリング表示し、MatePad Pro 5Gのキーボードからスマートフォンに入力するといった芸当もこなします。

ワイヤレス充電機能は双方向で、本体の充電では最大27Wのワイヤレス充電を受け付ける一方、MatePad Pro 5Gからスマートフォンやキーボードケースなど周辺のワイヤレス充電対応デバイスへは最大7.5Wでお裾分けができます。
Huawei
スタイラスペンはiPad Proと同じように本体側面にくっつけることができ、その状態でスタイラスペン"M-Pen"を充電可能。M-Penは30秒充電すれば10分、1時間充電で10時間の使用が可能とのこと。MatePad Pro 5Gの裏面で他のデバイスをワイヤレス充電中もM-Penの充電が可能です。


パンチホール式のカメラスペースがあるディスプレイは10.8インチ、解像度は2560 x 1600、アスペクト比は16:10。プロセッサーはKirin 990 5G。本体大きさは246 x 159 x 7.99mm、重さ約492g。本体カラーはオレンジとフォレストグリーン。OSにはAndroid 10.0ベースのEMUI 10.1を搭載しています。

5G搭載モデルの価格は、8GB RAM+256GBストレージモデルが799ユーロ、8GB RAM+512GBストレージモデルは949ユーロとなっています。

Huawei

MatePad Pro 5Gの発売は4月から。昨年秋に発表されたMatePad Proは日本未発売でしたが、日本でもそろそろサービスが始まる5Gへの対応を果たした新モデルの展開には期待したいところです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: huawei, MatePad Pro 5G, MatePadPro5G, Mobile, personal computing, tablet
0シェア
FacebookTwitter