engadget
ソニーとZEISS(ツァイス)は、デジタル一眼のαシリーズや、ハンディカムなどで展開している戦
略的協業を、Xperiaスマートフォンに拡充すると発表しました。

拡充の第一弾として、最新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 II」にT*(ディースター)コーティングを施したZEISSレンズを初搭載しています。

この「Xperia 1 II」は、超広角・広角・光学3倍望遠レンズに加え、測距用のiTOFセンサーを搭載した4眼カメラ構成。また、世界初となるAF / AE追従最高20コマ/秒の高速連写を実現しています。

また、メインとなる広角カメラのイメージセンサーは1 / 1.7型に大判化。これは、ファーウェイがP30 Proなどに搭載しているセンサーと同一サイズで、撮影の高画質化に威力を発揮します。

光学機器メーカーとスマートフォンブランドの提携では、ファーウェイとLeicaの組み合わせが有名ですが、それに対抗する思惑もありそうです。