ポケモンGO『Pokémon Day』イベント開始。コピー御三家やアーマードミュウツー、帽子ポケモン多数

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年02月26日, 午前 10:36 in niantic
34シェア
Pokemon GO

ポケモンGOで『Pokémon Day』イベントが始まりました。

今年はアーマードミュウツーが限定わざ習得で復活するほか、映画『ミュウツーの逆襲』に登場したコピーポケモンが初登場(フシギバナ・リザードン・カメックスとピカチュウ)。コピーピカチュウはGOスナップショットへの映り込みで出現します。

ほか赤いとんがり帽子(パーティーハット)のピカチュウ、イーブイ、ゼニガメ、フシギダネ、ヒトカゲ、ゲンガー、ニドリーノなど、初登場のアクセサリ違いポケモンが多いイベントです。
Pokemon GO

2月27日 Pokémon Day (ポケモンの日)は、1996年にゲームボーイで最初のポケモンゲーム『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された記念日。ポケモンGOでも毎年この時期にお祝いイベントを実施しています。

今年はカントー地方、というより最初のポケモン映画『ミュウツーの逆襲』とリメイク『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』がテーマ。映画に登場したアーマードミュウツーと「コピーポケモン」が出現します。

ポケモンGOに初めて登場する「コピーポケモン」は映画『ミュウツーの逆襲』の劇中、ミュウツーによって複製されたポケモン。クローン元のリザードン・フシギバナ・カメックスとは、体表に縞模様があるなど微妙にデザインが違います。コピーピカチュウはほとんど間違い探しのような「耳の先の黒い部分の境界がギザギザ」。

ポケモンGO『Pokémon Day』イベント概要 (2020年)


日時
  • 2020年2月26日(水)早朝~3月2日(月) ※3月3日未明まで

内容
  • とんがり帽子のピカチュウとイーブイが野生で出現。
  • とんがり帽子のゼニガメ・フシギダネ・ヒトカゲが7kmタマゴから出現
  • アーマードミュウツーが伝説レイドボスとして出現。限定わざサイコブレイクを習得
  • コピーポケモンのカメックス・フシギバナ・リザードンが星4レイドボスとして出現
  • 特別な交換の上限が一日二回に倍増。通常は一回
  • GOスナップショットにコピーピカチュウが写り込み。その後マップに出現
  • 会期中の3月1日に「とんがり帽子のゲンガー・ニドリーノ」レイドバトル・デイ開催
Pokemon GO

コピーピカチュウは、GOスナップショットで任意のポケモンを撮影した際、ドーブルのように写真に写りこみます。写りこみ(フォトボム)のあと、マップ上のプレーヤーの近くに出現して捕獲できる仕組みです。

ただの微妙なバージョン違いなので確保したいかは人それぞれですが、気づかないとただのピカチュウかと見逃しかねません。

捕獲しても新種扱いではなく、一覧からもほとんど区別できないうえに、他の特別なポケモンと違い複数選択できてしまうことに注意。

とんがり帽子のポケモンはたびたび出現しておりボックスに溢れているかもしれませんが、今回のパーティーハットは赤い新しいデザイン。過去のとんがり帽子のピカチュウとはまた別扱いです。



アーマードミュウツーは、2019年夏の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』公開時以来の再登場。今回は強力なエスパーわざ「サイコブレイク」を習得しています。

対策は変わらず、弱点の「あく・ゴースト・むし」を突ける ダークライ、ギラティナ、ゲンガー、ミュウツー、バンギラス、マニューラ等。

ポケモンGO:No.150 アーマードミュウツー入手方法・色違い・弱点と対策

とんがり帽子のゲンガー・ニドリーノ レイドバトル・デイ イベント概要

日時
  • 3月1日(日)14時~17時
内容
  • とんがり帽子をかぶったニドリーノが星2レイドボスとして出現。
  • とんがり帽子をかぶったゲンガーが星4レイドボスとして出現。したでなめる / サイコキネシス習得済
  • レイドパスを最大5枚まで配布。二枚以上は持てず、使ってジムのディスクを回すと1枚ずつ再配布。

最近増えてきたイベント中イベントとして、日曜には3時間のレイドデーも実施します。今回はレイドパスが5枚まで支給されるため、限定コスチューム&限定わざゲンガーの確保に使わない手はありません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
34シェア

Sponsored Contents