カシオから心拍計とGPS機能を搭載したG-SHOCKが登場。両方の機能を有するのはブランド初

健康チェックやトレーニングに最適

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年02月26日, 午後 06:50 in Gadgets
0シェア
FacebookTwitter
CASIO2020年2月26日、カシオ計算機は、心拍計とGPS機能を搭載したG-SHOCK『GBD-H1000』を発表しました。片方どちらかの機能を有するG-SHOCKは過去にありましたが、両方を搭載するのは今回が初となります。

『GBD-H1000』は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する光学式センサーと、位置情報を取得するGPS機能のほか、方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサー、歩数や移動距離を計測する加速度センサーも搭載しています。

これらのセンサーで計測したデータは、専用のスマートフォンアプリで解析することが可能。その結果を基にした心肺機能データを数値化して、時計上に表示します。他にも、専用アプリでは、消費カロリーや移動軌跡といった計測データを管理できます。日頃の健康チェックやトレーニングに役立つでしょう。

高精細・高コントラストで外でも見やすい液晶や、運動中にボタンを見ないでも操作できるように工夫されたベゼル形状など、使いやすさも重視。カラーバリエーションは全4種類。発売は2020年 4月24日 5月下旬 を予定しており、価格は5万5000円(税込)です。

(4月22日更新:新型コロナウイルス感染症の影響により、発売が5月下旬に延期されました)

同様の心拍計とGPS機能を搭載したスポーツウォッチは、SUUNTOやPolar、GARMINといったメーカーからも出ていますが、今回の『GBD-H1000』はタフさも兼ね備えたヘルスケアウォッチということで注目を集めそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: casio, g-shock, Gadgets, healthcare, watch
0シェア
FacebookTwitter