ハーマンミラーからeスポーツ向けゲーミングチェア、Logitech Gと共同開発

椅子以外にも注目

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年02月27日, 午前 07:30 in chair
0シェア
FacebookTwitter
Herman miller logitech G

人間工学デザインの高級椅子 アーロンチェアで有名なハーマンミラーが、ついにゲーミングチェアを手掛けます。

同社の発表によると、ハーマンミラーはゲーマーのための次世代高性能家具の研究・設計・製造に向けて、Logitechのゲーミングブランド Logitech Gと独占パートナーシップを締結しました。

最初の製品であるゲーミングチェアは、2020年の春に公開される見込みです。






ハーマンミラーといえば、100年以上の歴史を持つ世界的な家具メーカー。イームズなど著名デザイナーによる、時代を象徴するようなモダンデザインの家具のメーカーであると同時に、エルゴノミックなワークチェアとして一世を風靡したアーロンチェアでも知られています(上の動画はアーロンチェア)。

ハーマンミラーはすでに昨年、傘下に多数のプロゲーマーチームを抱える eスポーツ組織 Complexity Gaming とのパートナーシップを発表し、ゲーミング分野への参入姿勢を示していました。

Logitech (国内ではロジクール)はゲーミングブランドの Logitech G (Logicool G)で、キーボードやマウス、カメラなど、eスポーツのアスリートや熱心なゲーマー、ゲーム配信者向けのデバイスを長く手掛けてきた実績があります。

ハーマンミラーの発表文によれば、
「イームズのアイコニックなデザインから革新的なアーロンチェアまで、ハーマンミラーは100年以上にわたって座るという科学を築き上げてきました。今、長年にわたる革新性、リサーチ、科学的な発見をゲームの世界に取り込み、プレーできるようになります。

コラボレーションはハーマンミラーの核心となるDNAです。プロダクトデザイナーから医療の専門家にいたるまで、最高のデザインを生み出すために、常に専門家たちと協力してきました。だからこそ、私たちはLogiCool Gとパートナーになりました。」

ハーマンミラーとLogitech Gはプロ eスポーツチームからの要望やフィードバックを分析し、今後のゲーミング家具製品に役立てるとしています。春に発表されるゲーミングチェアは最初の製品とされており、ほかの種類のゲーミング家具やギアが両社のパートナーシップから生まれるかもしれません。



eスポーツや実況配信が一般化し、ゲームが遊ぶだけでなく他のスポーツのように見るものにもなったいま、長時間座ったままのプレイが必要なプロゲーマーや配信者にとって、疲労を抑えパフォーマンスを維持するための道具はますます重要になりつつあります。

一日12時間練習するプロはごく少数としても、プロが採用するなら、あるいはお気に入りのストリーマーが愛用するならと、裾野の熱心なゲーマーやファンも同じブランドを選ぶようになるのは道理です。

ところでハーマンミラーは既存のラインナップでも、ハイテク構造すぎて異形の生物の骨のようにも見えるエンボディチェアなど、モニタを見ながらの長時間作業に向く製品を販売しています。ただし価格は20万円ほど。

大会やプロチームに正式採用されるレベルであれば何もおかしくありませんが、春に発表されるという椅子もこの価格帯なのか、あるいはもっと高性能で高価なのか、逆に裾野向けに抑えた価格になるのかも興味深いところ。

プロゲーマーや配信者ならずとも、ゲームのしすぎと座り仕事のしすぎで腰がヤバい、そろそろアーロンチェア的な良い椅子を買わないと、と考えていたゲーマーには見逃せないニュースです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: chair, furniture, herman miller, logicool, logicoolg, logitech, logitechg
0シェア
FacebookTwitter