メルペイ、3月に最大50%還元「メルペイフィーバー」開催。日曜日はどこでも20%還元

ただし上限3000円分。1回あたりの還元上限もあります

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月27日, 午後 04:51 in payment
0シェア
FacebookTwitter
メルペイ
メルカリアプリの決済サービス「メルペイ」は3月1日〜3月31日まで開催するキャンペーン「メルぺーフィーバー」「メルペイサンデー」を発表しました。

両キャンペーンあわせて最大3000円分(3000ポイント)が還元されます。1回の決済あたりの還元上限に500ポイントの制限があり、少額な買い物を複数回する人向けのキャンペーン内容と言えます。支払い方法は、コード決済とiD決済の両方が対象になります。

「メルペイフィーバー」は特定のジャンルのお店でメルペイ払いを使うと、最大50%が還元されるという内容。

コンビニでは3月中のキャンペーンを通して還元対象となりますが、還元率は他の店舗より少ない20%で、1決済あたりの上限もコンビニのみ300ポイントという制約があります。つまり、コンビニでは1回で1500円を使えば最大還元額になりますが、還元率は低くなります。

その他の店舗は「ドラッグストアフィーバー」(3月1日〜3月21日)、「飲食店フィーバー」(3月8日〜3月28日)、「まちのお店フィーバー」(3月15日〜3月31日)と時期を分けて開催されます。還元率はいずれも50%。1000円支払えば1回の最大還元額になります。

どのお店なら還元対象になるのか、対象店舗は3月1日公開のキャンペーンページに記載するとしています。"まちのお店"というざっくりし過ぎているジャンル分けの内容が気になるのであれば、3月のキャンペーン開始まで待つ必要があります。

もう1つのキャンペーン「メルペイサンデー」は、3月中の日曜日に開催。全国の店舗で最大20%で1決済あたり最大500円の還元が受けられます。

なお、メルペイサンデーで20%の還元率が受けられるのは「本人確認済みの18歳以上のユーザー」のみ。これに当てはまらない場合の還元率は10%となります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, campaign, cashless, merpay, payment, services
0シェア
FacebookTwitter