ケース・スタンド・リストレストの3役をこなす『SINEX』をMacBook Proで使ってみた

ケース選びに迷っている方、正直、買いです

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年02月29日, 午前 07:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter

Engadget

GREEN FUNDINGで海外のガジェットや家電、ブーツなどのプロジェクトを展開しているGLOTUREから3in1の多機能ラップトップケース『SINEX』が展開されています。価格は13/13.3インチ対応が1個3,160円~、15/16インチ対応が3,480円~それぞれ割引価格で展開中です。複数個セットも用意されています。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する



今回試用する『SINEX』はラップトップケースでありながら、PCスタンドとしても使用可能、かつ、リストレストとしての機能も兼ね備えているという欲張りな製品になっています。

最初はやはり、最大の目的であるラップトップケースとしての機能面から。今回は13/13.3インチ対応のケースに筆者愛用の13インチMacBook Proを収納することに。

Engadget
▲しっとりした生地感です。当たり前ですがジャストサイズ。

Engadget▲厚い生地でしっかり保護してくれる印象です。

実際に『SINEX』を使い通勤しましたが、持ち運びに際しての衝撃(どこかにぶつけたり)からちゃんと守ってくれますね。とても心強かったです。一週間ほど使用しましたが、収納口のマグネットもヘタることは全くありませんでした。マグネットって正直、耐久性が心配でしたが、その点もクリアしている印象です。

さて次に、ケース以外の機能をチェックしていきます。この『SINEX』は、PCスタンド、それに合わせてリストレストも付いています。スタンドの傾斜角度は15°と35°二種類から選べるという心配りも嬉しいポイントです。

Engadget
▲角度15°。

Engadget
▲こちらは35°個人的にはこれくらいの角度があったほうがタイピングしやすいし画面も見やすいです。

スタンド部分もマグネットで出来ており、組み立てまでの手順は少ないです。はじめはPCを乗せるのを不安に思いましたが、いざ乗せてみたらびくともしないので驚きました。

ただし、マグネットが結構自由に動くので、最初のうちは間違ったスタンドの組み方をしてしまう可能性はありますね(筆者も最初は間違った組み方をしていました)間違って組んでしまうとPCは安定しないので要注意です。

Engadget▲間違った組み方。製品サイトを詳しく見てなくても組める人はいるのかな。ぶっちゃけ個人のセンスかもしれません(筆者にはセンスがありませんでしたね....)。

Engadget▲リストレストはこんな感じ。

スタンドも活躍しますが、リストレストもかなりいい感じです。硬すぎず、柔らかすぎない質感で非常にタイピングしやすいですし、膨らみがちょうどPCのへりを支えてくれますので安定感も抜群です。

細かな配慮が使い勝手の向上につながっていますね。欲を言えばもう少しリストレストの幅があると、どんな場所でも使いやすいのかぁと感じました。

以上、どの機能も申し分なく、本当に3in1を実現している製品でした。『SINEX』ひとつにPCを入れて持ち運べばどこでも快適に作業が出来ますね。オフィスやカフェでも良いですが、自宅にPCデスクが無い方にもおすすめです。

ご時世的に、急にリモートワークになることもありますし、これを機にPCの周辺グッズの購入を検討している方には非常におすすめの製品です。

現在この『SINEX』は一般発売しておらず、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディングプロジェクトを展開中です。価格は13/13.3インチ対応が1個3,160円~、15/16インチ対応が3,480円~となっています。ケース・スタンド・リストレストを別々に、はたまた自宅にPCデスクを購入しようとするよりも遥かにコスパが良いと思います。作業環境を整えたい方は是非チェックしてみてください。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, greengadget, MacbookPro, pc
0シェア
FacebookTwitter