「NHKプラス」サービス開始。ID登録は申込集中で一時停止

リアルタイム放送は登録なしで視聴できます(契約案内メッセージ付き)

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月1日, 午後 01:05 in NHK
0シェア
FacebookTwitter
NHKプラス
NHKは3月1日、地上デジタル放送のネット配信「NHKプラス」を開始しました。スマートフォンアプリやパソコンのWebブラウザーなどでNHKの番組を視聴できます。

一部の番組を除き、NHKの地上波放送「NHK 総合」と「Eテレ」の番組をリアルタイムで配信。受信契約を紐付けた「ID」を登録した場合は、7日前までの放送をオンデマンド視聴できる見逃し配信サービスも提供されます。3月は試験期間として午前7時〜翌午前0時までの約17時間のリアルタイム配信を実施。4月1日からは午前6時〜翌午前0時までの18時間を配信します。

リアルタイム視聴はID登録をせずとも利用可能ですが、受信契約を促す案内が画面上に表示されます。

視聴用のIDはNHKのWebサイトから申請できます。申請はメールアドレスを登録後、登録フォームに放送契約の情報(住所、氏名など)を入力。1〜3週間後にNHKから確認コードが記載されたハガキが届き、それを入力してログインするという仕組みで、多少の時間がかかります。

このID登録について、NHKは3月1日時点で「新規の申込みを一時的に停止している」と案内しています。サービス開始にともなってID登録が集中したためのもので、登録再開時には再度告知するとしています。

【追記 2020年3月1日 18時52分】
NHKは1日15時30分より新規申込を再開しました。それにあわせて、従来「メールアドレス登録から1時間以内に契約情報を登録すること」とされていた登録手続きを「24時間以内」に緩和しています。

関連:NHKのネット同時配信「NHKプラス」4月1日始動、見逃し番組も配信

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: app, broadcast, NHK, NHKplus, streaming, TV, video, VideoStreaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents