ゲーミングスマホ「Black Shark 3(仮)」はマグネット式充電で本体にLRボタンを搭載

ますますゲーム機っぽく

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年03月2日, 午後 12:00 in android
68シェア
Xiaomi Black Shark 3
シャオミは、次期ゲーミングスマートフォン「Black Shark 3(仮称)」のティーザーを公開しました。マグネット式の充電システムや本体の物理LRボタンなど、かなり特徴的な端末となるようです。

画像はシャオミの共同創立者のLei Jun (レイ・ジュン)氏が公開したものです。その背面には、マグネット式のかなり大型な充電システムが採用されています。本体には4720mAhの大容量バッテリーを内蔵し、65Wでの高速充電が可能です。

Xiaomi Black Shark 3
Black Shark 3のマグネット式充電では、ケーブルがスマートフォンの本体側面に位置します。これにより、充電中でもケーブルが手に干渉せず、快適にプレイできることが期待できます。

さらに、本体側面には上下(横持ち時には左右)に2つのボタンが配置され、LRボタンとして利用できます。その姿は、まさに携帯ゲーム機のようです。

Black Sharkシリーズでは初代モデル、そして2世代目でも、本体側面に合体させる外付けコントローラーがリリースされました。Black Shark 3でも、そのような外付けコントローラーが登場する可能性は十分にあります。

Black Shark 3は3月3日に中国にて正式発表される予定です。16GB RAMの搭載のを含め、今からその機構やスペックが非常に楽しみな端末です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, smartphone, xiaomi
68シェア