Galaxy S20は純正ケースを多数展開予定、サムスンはアクセサリに本気です:山根博士のスマホよもやま話

定番カバーから機能性カバーまで選択肢は多い

山根博士 (Yasuhiro Yamane)
山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2020年03月2日, 午前 10:15 in galaxy
30シェア

新型コロナウィルスの影響で各スマートフォンメーカーは大きな影響を受けています。その中でサムスンはGalaxy Z Flipを2月、Galaxy S20シリーズは3月から販売を開始。新製品発表会を昨年より1週間以上前倒しした結果、他社に先駆けて新製品を投入できています。なお日本ではGalaxy Z Flipが2月28日に登場、Galaxy S20シリーズは3月の5G開始に合わせていずれかのモデルが投入されると思われます。

S20case

さていまや100円ショップでもiPhoneのカバーが売られるほど、iPhoneユーザーにとってカバー・ケース類は「どこにでも売っているもの」です。一方他のメーカーのスマートフォンユーザーは、iPhoneほどカバーの種類が多くありません。そのためメーカー側が自らカバー類の種類を増やしてくれないとユーザーは満足してくれません。サムスンもそのあたりは十分理解しており、ここ数年は新製品の投入と同時に多数のカバー類も提供しています。

S20case


スマートフォンケースには流行がありますが、サムスンがここのところ定期的に出しているのがプロテクトカバー。某社のスーツケースにも似たデザインですが、MILスペック対応の性能も十分なもの。サムスンは以前、ボディーを強固にした「Active」シリーズを出していましたが、標準モデルにこのカバーをつけることでより広いユーザー層にスマートフォンの利用シーンを広げさせることができます。

S20case

また革系素材のカバーも毎年素材を変えて登場しています。10万円以上するスマートフォンですから、つけるカバーも高級感あるものにしたいと考えるユーザーも多いはず。そういえば以前は高級文具のモンブランと提携したカバーも出していたサムスン。再び出してほしいものです。

S20case

ファブリック系のカバーのデザインは最も流行を受けるもの。その年のトレンドにあったルックスのものを出しているようです。

S20case

そして定番系のソフトTPUカバー。こちらも色合いは毎年若干変わりますね。

S20case

さて透明系のケースですが、これは本来は本体に付属させてほしいところ。これは他のメーカーの製品にもお願いしたいものです。ケースなしでスマートフォンを角から落とせばディスプレイが破損してしまいますが、ケースさえつければ衝撃を少しでも吸収できるため傷や破損を防げます。また背面デザインが美しくなった製品が増えていますから、裏を見せてくれる透明ケースは標準ケースとして添付してほしいと思うのです。

S20case

機能性ケースはGalaxy Note10シリーズに続きAOD対応のフリップケースが出ています。ディスプレイのサイズが大型化したことで、最近はケースの中央ではなく片側に情報を表示するケースのほうが使いやすいのかもしれません。


S20case

ところでGalaxy S20シリーズと同時に発表されたヘッドセット「Galaxy Buds+」は日本でも発売になりました。前モデル「Galaxy Buds」より性能が高まっているだけではなく、表面仕上げがつやアリとなり上品さが増しています。

S20case

モバイルバッテリーも実はサムスンは出していますね。こちらは10000mAhでワイヤレス充電にも対応。この手の製品の日本への投入もお願いしたいもの。

S20case

今回紹介したカバーはGalaxy S20シリーズ発表会で披露されたもの。いずれはLEDケースやNFCでテーマと連動する「Galaxy Friends」など、その種類はさらに増えるでしょう。日本市場へのGalaxy S20シリーズの投入時期はまだ未定ですが、本体発表と同時に豊富なカバー類も投入されることは間違いないでしょう。
S20case

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: galaxy, galaxys20, galaxys20ultra, galaxyzflip, Samsung
30シェア