Google、1年越しでスマートスピーカーのBluetooth不具合を改修へ

2~3分で切断される不具合がありました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月2日, 午前 05:00 in av
4シェア
Google Home
Googleが、Nest Home(旧Google Home)などのスマートスピーカー製品のBluetooth不具合について、修正に取り組んでいることを明らかにしました。

Nest HomeやNest Miniで音楽を楽しむ人の多くは、YouTube MusicやGoogle Playミュージックなどで直接再生を行っていると思いますが、これらのデバイスはBluetoothスピーカーとしての機能も持ち合わせています。スマートフォンなどとBluetooth接続し、外部スピーカーとして利用できるものですが、この機能、実はうまく動作しておらず、大抵の場合は数分で接続が切れてしまうという不具合がありました。

不具合自体は2018年末にフォーラムで報告されており、いまでは数百のコメントが付けられています。Googleはこれまで公にはアクションをとっていませんでしたが、1年以上経ってようやく不具合を認めた形です。
なお、Nest HomeなどはBluetooth接続だけでなく、Wi-Fiを利用したキャストにも対応しており、スマートフォンから音楽再生をするだけなら、この方法が安定しているようです。ただし、Nest Homeの外部スピーカーとして別のBluetoothスピーカーを接続したい場合には、やはり不具合が発生してしまうので、改修は歓迎したいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: audio, av, gear, google, google home, google home max, google home mini, google nest max, google nest mini, smart speaker, speaker
4シェア