Wear OSのイースターエッグことドラムシンセが発見 オリジナル演奏が可能

結構遊べそう

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年03月2日, 午後 06:30 in android
76シェア
Wear OS Easter Egg

米グーグルが提供するスマートウォッチ「Wear OS」に、イースターエッグ(いたずら機能)として「ドラムシンセサイザー」が搭載されていることが判明しました。



Redditにて報告された、今回のイースターエッグ。Wear OSのフラッシュライトアプリにて画面をダブルタップした後に長押しすることで、画面がカラフルにフラッシュしイースターエッグにアクセスできます。

ドラムシンセサイザーでは、4 x 4のドットで演奏をコントロールできます。好きな場所にサウンドのポイントを置いたり、あるいはポイントを複数回押すとキックドラムやスネア、ベル、ハイハットといった楽器の変更も可能です。

このようなイースターエッグは、Android OSなどさまざまなグーグルの製品やサービスにて確認できます。今回のドラムシンセサイザーも、暇を持て余した時の息抜きとして遊べそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, easteregg, wearables, wearos
76シェア

Sponsored Contents