外出時に使える「検索」機能の便利ワザ3選:iPhone Tips

ビジネスでもプライベートでも役立ちます

山崎理香子(TEKIKAKU)
山崎理香子(TEKIKAKU)
2020年03月4日, 午前 08:10 in iphone tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhoneの「検索」機能を使っていますか? 使いたいアプリを検索して呼び出したり、天気予報を表示したりできるのは有名ですが、ほかにも便利な使い方があるんです。今回は、お出かけの最中に使える「検索」機能の活用法3選をご紹介します。

①「マップ」と連携して近くのスポットを検索

周囲のお店や施設を探すときは、「検索」機能を活用しましょう。「検索」は標準「マップ」アプリと連携しており、検索欄に「コンビニ」や「レストラン」などと入力すると、周囲にあるそのお店、施設の候補が表示されます。

iPhone
▲「コンビニ」と入力すると、近くにあるコンビニが表示(左)。タップすると詳細が表示。経路などを確認できます(右)

もちろん、「マップ」アプリで検索することもできますが、「検索」機能の方がアプリを開く手間を省けるので便利です。

②スポーツの試合結果がわかる

野球やサッカーが好きな人にとって嬉しいのが、チーム名を入力すると、そのチームの試合結果が表示されるという機能。たとえば検索欄に「レアル・マドリード」と入力すると、一番最近に行われた「セルタ・デ・ビーゴ」との試合結果が表示されます。

iPhone
▲好きなチーム名を入力すると、試合結果が表示されます。試合中の場合は途中結果が(左)。結果をタップすると詳細を確認できます(右)

結果の部分をタップすると、シュート数や選手交代の様子、次回の試合の日程などが確認できます。外出中で試合をじっくり見られないときや、結果だけを知りたいというときに便利です。

③埋もれたメールを検索

ビジネス用のPCメールを標準「メール」アプリに転送している人は多いと思います。外出中にスマホでメールを見ようと思っても、ほかのメールで埋もれてしまってなかなか見つからないといった経験はありませんか?  「検索」機能では、探したいメールの送り主の名前を入力すると、該当のメモ、メールが表示されます。


iPhone
▲探したいメールの送り主の名前を入力(左)。「Appで検索」欄に該当するメールが表示されました。タップすると詳細を確認できます(右)

また、この機能は「メモ」アプリにも対応。探したいメモのキーワードを入力すれば、該当のメモが一発で表示されます。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPhone, iphone tips, search, spotlight, tips
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents