OPPO、Apple Watch似のOPPO Watchを予告。3月6日にグローバル発表

Android搭載との噂

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月3日, 午後 05:00 in wearables
64シェア
OPPO Watch
OPPOが新スマートウォッチ「OPPO Watch」の外観をTwitterに投稿しました。Apple Watchによく似た四角いフェイスが特徴のスマートウォッチです。OPPO Watchは3月6日、Find X2の発表イベントで同時に発表されるようです。


いまのところ外観以上のことはわかりませんが、この画像からもいくつかの内容は読み取れます。まずわかるのは、電話の発着信に対応していること。OPPO Watchからメッセージの送信も行えるようです。

また、Apple Watchのようなデジタルクラウンはなく、右側面に2つのボタンがあります。このあたり、Wear OSに似たイメージですが、Weibo上ではOPPO WatchはAndroidシステムを搭載しているとの情報も流れています。ひょっとすると、独自OSではなく、Wear OSという可能性もありそうです。


このほか、画像からはベルトが交換可能なようには見えないのですが、OPPOの役員Brian Shen氏のツイート画像では、別のベルトが着いているように見えます。告知画像でも「OPPO Watch Series」とあるので、複数モデルがあるのは確実と考えられますが、ベルトが交換できるのかモデルにより固定なのかを知るには、正式発表を待つ必要がありそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: mobile, oppo, oppowatch, smartwatch, wearables
64シェア

Sponsored Contents