楽天モバイル、超小型基地局「Rakuten Casa」を3月下旬より提供。宅内の圏外を改善

仕様や対応周波数などの詳細は後日発表

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月3日, 午後 05:35 in 4g lte
0シェア
FacebookTwitter
rakuten_femtocell

楽天モバイルは、自宅・店舗向けのフェムトセル「Rakuten Casa(楽天カーサ)」を3月下旬以降に順次提供します。

フェムトセルとは、家庭向けの固定回線(有線LAN)を携帯電話網に変換することで、家庭内の電波環境を改善する超小型基地局のこと。既存の大手キャリア(NTTドコモ/au/SoftBank)は屋内の電波状況が悪い家庭や店舗などに無償で貸し出しています。

Rakuten Casaは4G LTEフェムトセルとしての機能に加え、WiFiルーターとしての機能を備えます。仕様や対応周波数などの詳細は後日発表するとしています。

(更新:2020/3/3 18:42)見出し画像を差し替えました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4g lte, femtcell, mobile, network, rakuten, rakutenmobile, smartphone, wifi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents