Android版Twitterアプリ、スワイプによるリスト切替が可能に。iOS版から約半年遅れ

iOS版は9月に対応していました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月5日, 午後 12:30 in twitter
0シェア
FacebookTwitter
Twitter
TwitterがiOS向けに2019年9月にリリースしていた、ホーム画面でのスワイプによるリストの切り替え機能が、ようやくAndroidでも使えます。Twitterは3月4日、同機能がAndroid版アプリでも利用可能になったと発表しました。

この機能はあらかじめ作成したリストを最大5つまで選び、ホーム画面からのスワイプだけで、タイムラインをリスト表示に切り替えられるというもの。これまで、リストを表示するにはメニューから「リスト」を選び、目的のリストを選択する手間がありましたが、今後は最大5つまでとはいえ、スワイプだけで切り替えが可能になります。

表示するリストは、メニューの「リスト」を開き、目的のリストのピンマークをタップするだけ。この画面で表示順の入れ替えも可能です。

なお、正式公開されたとはいえ、原稿執筆時点では筆者の環境ではまだ利用できませんでした。従来通り、ユーザーごとに順次利用可能になるものと考えられます。

Twitterは新機能のテストや追加を頻繁に行っていますが、最近では、24時間で消える「フリート」のテストを開始したばかり。また、iOS版では、リプレイ表示を見やすくする機能の提供も開始しています。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, internet, list, mobile, sns, twitter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents